見違えるほどつるっつる!敏感肌のスキンケア

ちょっとの刺激が肌への負担となる敏感肌。ある調査によると、自分は敏感肌だと感じている日本女性の割合は全体の約70パーセントにものぼるのだとか。

 

この敏感肌には、一過性・慢性的な状態の2つのケースがあり、いずれの場合もかゆみ・痛み・肌が赤く腫れるなど、辛い症状にみまわれます。このような敏感肌の人は、どんなスキンケアを行うべきなのでしょうか?

 

今回は、敏感肌とはどんな状態を指しているのか・敏感肌のスキンケア方法についてご紹介いたします。

 

【敏感肌のスキンケア】

≪敏感肌とは?≫

<敏感肌の症状>

敏感肌になると、洋服が肌に触れる・自分の髪の毛先・紫外線・ホコリ・スキンケアなど、健康な肌の人にとっては何でもない日常生活のちょっとした刺激が肌への負担となり、痛み・痒さ・湿疹・肌の腫れなどの不快な症状を引き起こします。

 

<敏感肌では何が起こっているのか?>

このような、刺激に弱い敏感肌が引き起こされる原因は、多くの場合肌の乾燥が原因だとされています。肌が乾燥しているだけで、そんなにひどい症状になるの?と、疑問を感じる方もおられるかもしれませんが、答えはイエス。肌の乾燥はあらゆる肌トラブルの原因になるのです。

 

肌トラブルを改善するには、肌の保湿成分を保持する事が重要なファクターとなるのです。

 

<肌の保護機能は保湿で決まります>

肌を守っているのは肌表面に存在する角質層で、別名バリアゾーンと呼ばれる部分です。健康な肌なら、このバリアゾーンはセラミドという保湿成分で隙間なく満たされ、外部からの異物の侵入を阻止してくれています。これが肌のバリア機能のメカニズムです。

 

しかし、乾燥肌の場合このセラミドが不足し、角質層内に隙間ができます。そうすると隙間部分に外部から異物が侵入し、それが肌にとって刺激となり、かゆみや痛みなどの肌トラブルに発展しているのです。

>>肌が喜ぶ化粧品で「脱・敏感肌!」口コミで人気の商品をご紹介

<敏感肌の原因>

敏感肌となる原因は、先天的なものと後天的なものに分かれます。先天的な原因は遺伝的な要素で、もともと肌内部の保湿成分であるセラミドが少ない体質で生まれてきた事により引き起こされています。

 

後天的な原因としては、間違ったスキンケア・食生活の乱れ・ストレスなどが原因だと考えられています。特に、過剰なピーリングや強い洗顔料の使用などを行い、肌のターンオーバーを速めてしまった結果、敏感肌を招いているといったケースが少なくありません。

 

≪敏感肌のスキンケア≫

このように、敏感肌となった場合には、スキンケアでさえ肌の刺激となり、余計に肌トラブルを悪化させることになりかねません。敏感肌を改善しようと、あれこれスキンケアするよりも、無駄に肌を刺激しないよう、シンプルなスキンケアを心がけましょう。

 

〈敏感肌のステップ〉

敏感肌のスキンケアステップはクレンジング・洗顔・保湿美容液・クリーム・紫外線対策の全部で5ステップです。

 

■クレンジングのポイント

敏感肌のスキンケアの中で、クレンジングは最も肌を刺激するステップです。極力肌に優しくクレンジングを行うために、クリームタイプのクレンジングを選択しましょう。

 

■洗顔のポイント

敏感肌の場合、洗顔料に含まれる合成の海面活性剤や防腐剤などの添加物が肌に刺激を与え、肌のコンディション悪化の原因となり得ます。それを避けるためには、これらの成分を含まない固形の洗顔石鹸を使用しましょう。

 

■美容液のポイント

私たちの肌に元々存在している保湿成分はセラミド。ですので、保湿成分を補うならば、セラミドが最も役立つ成分なのです。ただし、このセラミドにはいくつもの種類があり、すべてが肌に有効に働くわけではありません。敏感肌の人が選ぶべきは、ナノセラミド・あるいは肌のバリア機能をサポートするセラミド1・保湿機能をサポートするセラミド2・保湿とシワを軽減するセラミド3が有効です。どれが良いか迷ったら、ナノセラミド→セラミド2→セラミド3→セラミド1の順番に選択しましょう。

 

■クリームのポイント

著しく肌がンそうしている・敏感肌の状態であるという人は、皮脂の分泌不足が考えられます。皮脂を補う事で状態が好転する事がありますので、スキンケアにクリームをプラスしましょう。ただし、いくら乾燥しているとはいえ、クリームをたくさん肌に乗せるのはNG。ごく薄く、必要最低限を補う気持ちでつけましょう。

 

■紫外線対策のポイント

紫外線は部屋の中でもホコリのように存在し、地面からの照り返しでも肌に影響を与えます。ですので、敏感肌であるからこそ、紫外線対策は行うべき。でも、紫外線対策のクリームがかえって敏感肌を悪化させている。これは本当に悩ましい問題です。

 

肌に負担がかかるのは、実はメイクアップアイテムよりも、日焼け止めクリームです。ですので、極力日焼け止めクリームは避け、敏感肌専用のベースメイクアイテムを使用する・フェイスパウダーだけで紫外線対策を行うなど、工夫してみましょう。

 

【まとめ】

敏感肌のスキンケアについてご紹介してまいりました。敏感肌対策は、肌への刺激を極力少なくすることが大切です。ですので、スキンケアはシンプルが一番。しかし、必要なケアを怠ってしまえば、かえって肌のコンディションを悪化させる結果となります。

 

そんな風にならないためには、ふさわしいアイテムをチョイスして、ご紹介した5つのステップでのスキンケアを行いましょう。

 

そうすれば、改善が難しいと言われている敏感肌であっても、徐々に改善する事もあり得るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です